ごあいさつ

代表挨拶

キッズ・パワー株式会社は平成27年11月25日に設立し、翌年28年の2月に一教室目となる児童発達支援/放課後等デイサービス 八千代教室をオープンし現在までで7教室を運営しております。
 今でこそ見聞きする機会が増えております「SDGs」。地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを宣言したこの17のゴールと169のターゲット。私は初めてこの宣言に触れた時に鳥肌が立ったものでしたが、この原則こそまさしく福祉の心とリンクすることが多く、そのゴールのために我々には何ができるのか?と日々塾考を重ねております。

 今現在通ってくれている各教室のこども達。うちのこども達の中には人との関わりは苦手ですが、勉強のできる子、勉強は苦手だけど誰からも好かれる子、絵の得意な子、運動神経抜群の子、やさしい子、笑顔が素敵な子などなど…、沢山のこども達が通所してくれております。いずれ一般企業で活躍する子もいますがうちのこども達の活躍の場を提供し一緒に仕事をできること。工賃アップ。障がいの有無に関わらず職業選択の自由。グループホーム建設。うちの職員もこども達の成長とスライドし一緒に過ごせる環境…。 就労まで一気通貫となることでこどもから大人まで関わる事ができればこんな素晴らしいこと、ワクワクすることはありません。

 前述しましたが私の設立当初からの目標は就労の実施です。 地域で生活する障がい者の方々が自分らしく充実した生活を営むことが出来るよう、就労場所の提供・就労支援、企業とのパイプを活かしての就労移行、定着支援。児童期からの支援を行うことで、可能性の幅を広げ将来の選択肢も多くなりより充実した生活を目指せます。そのためにも我々は利用者さんとしっかりと向き合って参ります。

 キッズ・パワーでは各教室の職員が、子どもたち・利用者さまの安全と質の高い療育・作業を提供するため、自治体や各団体が開催する様々な研修会に参加しています。これからも保護者の方々、利用者さまに選ばれる教室・施設であり続けるために精進してまいりますので、引き続き宜しくお願いいたします。そのためにも、何かアイデアがあれば忌憚のないご意見、アドバイスをいただけますと幸いです。
キッズ・パワー株式会社は平成27年11月25日に設立し、翌年28年の2月に一教室目となる児童発達支援/放課後等デイサービス 八千代教室をオープンし現在までで7教室を運営しております。
 今でこそ見聞きする機会が増えております「SDGs」。地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを宣言したこの17のゴールと169のターゲット。私は初めてこの宣言に触れた時に鳥肌が立ったものでしたが、この原則こそまさしく福祉の心とリンクすることが多く、そのゴールのために我々には何ができるのか?と日々塾考を重ねております。

 今現在通ってくれている各教室のこども達。うちのこども達の中には人との関わりは苦手ですが、勉強のできる子、勉強は苦手だけど誰からも好かれる子、絵の得意な子、運動神経抜群の子、やさしい子、笑顔が素敵な子などなど…、沢山のこども達が通所してくれております。いずれ一般企業で活躍する子もいますがうちのこども達の活躍の場を提供し一緒に仕事をできること。工賃アップ。障がいの有無に関わらず職業選択の自由。グループホーム建設。うちの職員もこども達の成長とスライドし一緒に過ごせる環境…。 就労まで一気通貫となることでこどもから大人まで関わる事ができればこんな素晴らしいこと、ワクワクすることはありません。

 前述しましたが私の設立当初からの目標は就労の実施です。 地域で生活する障がい者の方々が自分らしく充実した生活を営むことが出来るよう、就労場所の提供・就労支援、企業とのパイプを活かしての就労移行、定着支援。児童期からの支援を行うことで、可能性の幅を広げ将来の選択肢も多くなりより充実した生活を目指せます。そのためにも我々は利用者さんとしっかりと向き合って参ります。

 キッズ・パワーでは各教室の職員が、子どもたち・利用者さまの安全と質の高い療育・作業を提供するため、自治体や各団体が開催する様々な研修会に参加しています。これからも保護者の方々、利用者さまに選ばれる教室・施設であり続けるために精進してまいりますので、引き続き宜しくお願いいたします。そのためにも、何かアイデアがあれば忌憚のないご意見、アドバイスをいただけますと幸いです。
キッズ・パワー株式会社
代表取締役 中山 豪